大径シャフト・大物フランジ部品の加工
大物部品加工のスペシャリスト 大物旋盤.COM
“加工職人”が語ります。

2011年12月04日

設備更新第二弾

前回のCNC旋盤に引き続いて設備更新のお知らせです。

弊社には汎用の横中ぐり盤が1台有りましたが、汎用故に

その生産性が今となっては小さいため長年 更新の対象に

なってはいましたが、中々その順番が回って来ませんでしたが、

今回、無事新しいCNC横中ぐり盤を更新する事になりました。
KBM-11X

倉敷機械製の KBM-11X です。

機械本体の主要な仕様は

X軸移動量(テーブル前後)1500mm

Y軸移動量(主軸頭上下)1200mm

Z軸移動量(テーブル左右)700mm

W軸移動量(主軸軸方向)350mm

テーブル上面から主軸中心線までの距離 0〜1200mm

テーブル中心線から主軸端面までの距離 355〜1055mm

ATC  30本

縦型の機械が多いですが、横型タイプの機械も大変重要だし

モノによってはこういうタイプで無いと行えない加工も

沢山あります。どんどんやりますのでよろしくお願いします。

毎週発行の宝角合金週刊FAX通信127号も是非ご覧ください。


posted by houz at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51366529
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック