大径シャフト・大物フランジ部品の加工
大物部品加工のスペシャリスト 大物旋盤.COM
“加工職人”が語ります。

2011年05月23日

嫌な季節がやってくる。

毎週月曜日は天気のいい日が多い、しかし今日は雨降りの

スタートとなってちょっと憂鬱な気分です。目前に梅雨入りが

迫っていると余計に憂鬱です。仕事においても、工作機械の

摺動面が赤く錆びたり、仕上がったワークが翌日出社して見ると

錆が浮いててがく〜(落胆した顔)なんて事が一年に何度かあります。

それに工場内の床が湿気で滑り安くなり危険です。その湿気の性で

NC装置にとっては一年で最も故障の多い季節です。気温も晴れれば

30℃近くなりいい気分(温泉)今年の夏は空調も抑えなければならず、

これから秋口までつらい季節と言えるでしょう。

毎週発行の宝角合金週刊FAX通信100号も是非ご覧ください。
posted by houz at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2011年04月16日

ドラム缶フロートゲージ

給油作業に慣れた社員ならドラム缶を傾かせたり、

ポンプを廻した時の抵抗感などで、油の残量が大体は解りますが、

給油作業に慣れていない社員や中国人では、そうはいかないので

フロートゲージ(残量計)を製作する事にしました。
GP2
スタイロフォームを棒状に削って、ボロくなったメジャーを

分解してスケール部分を切り取りコーキング材で結合、

これでゲージ部分が完成決定

ガイド部分はドラム缶の小さいほうの蓋に穴を開けて

薄肉のパイプをロウ付して完成決定
GP5

でもって小さい蓋用のオープナーも製作
GP3
ゲージ本体のうきがスタイロフォームなので耐久性に

やや不安があるけど、とりあえず試作運用して様子見をすることに目


毎週発行の宝角合金週刊FAX通信96号も是非ご覧ください。
posted by houz at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2011年01月25日

教育・訓練する側、受ける側

ある日、治具を製作するために、とある部署に図面を持って

加工を頼みに行ったら、中国人の一人が日本人の職人に怒られていた。目

この風景自体は、この会社では珍しくないことだし問題が発生した

経緯を知らないので怒っていること自体は気にならなかったのだが、

職人が言ったセリフに思わず疑問を抱いた、そのセリフが

「こんなん、やっているの見とったら解るやろうが」exclamation&question
というものである。

極端な言い方、裏を返せば「見て覚えろ」といっている訳で・・・目

職人の世界では昔から「見て覚えろ」とか「見て盗め」

という言葉があるが現実の話、プロとか職人と呼ばれている人の技術は、

見て覚えられるほど簡単なモノではないし簡単に覚えられるモノは少ない。

例えばの話、運転免許を持っていて毎日のように街中を車で移動している人

はたくさんいるが、その人たちがサーキットでレーシングドライバーの横に

乗って運転しているのを間近に見ても、まず同じ車速での運転は無理だろう。

そもそも「見て覚えろ」というのは、極端なことを言うと教えている側は

説明をしないという事、その状態で教えられている側は、

少ない知識と経験で少ない情報を解析して見た事柄を再現し、

間違えていたら怒られるという理不尽なことである。ふらふら

上記の事は極端な話だが、中国人にしても日本人にしても、

新人には見て覚えさせるよりも、多少の時間をロスしても説明を

しっかりしたほうが良いと思う。見て覚えられるのであれば、

それに越したことはないが、説明をして完璧に理解させたほうが

不良品も少なくなるし、教えた事を忘れにくくなり説明の回数も減るので

結果的にはロスが少なくなる。

教えられる者が覚える努力をするのは当然の話だが、

教える側も覚えやすいように教える努力をしなければ、

結果的には不良品や事故の発生率が上がることになる。

何れにしても人間の教育訓練というものは手間と時間がかかる訳で

そうは簡単に行かないという事だという事でしょう。
posted by houz at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2011年01月24日

何故か中国人は?

研修生で来る中国人は、会社や他人の工具・道具を乱雑に扱う者が多い。

社内のお恥ずかしい部分のお話ですが、

ドリルやチップなどの使用頻度が高い消耗品などは、会社に在庫して

管理しているため必要になれば、すぐに手に入る状態なっている、

その為か彼ら中国人は扱いが雑になっている、ひどい時は落としたまま、

ほったらかしになっていることもあるちっ(怒った顔)
ドリルやチップの価格と同額の金銭が落ちていたら、すぐさま拾うだろうに・・

また工具や計測器具等を使ったまま、汚したまま、付属品を無くしたまま、
SOKU1

というのも、よくあるパターンだし、ひどい時は他人が使っている工具

を無断で持って行って、使ったままで、ほったらかしという事も

中国人は個人主義ということも関係してか、他の人が使うかもとか、

困るかもとか、という事を余り考えない者が多い。

自分で購入した物は、必ず大事に寮に持って帰るのに・・・

以前にも指導している中国人が、自分のミスで刃物を破損させて、

反省した様子も無く平然とした顔で「壊れました」

と言ってきた事があり、ちょっと腹が立ったのでWEBで市場価格

を見せて「反省していないんだったら、この値段と同じ額を会社に払って弁償するか?」

と言った途端、顔色を変えて「すみません」の一言

値段うんぬんの話ではないが、会社には高価な工具や刃物がたくさんあるし、

皆で使う以上、しっかりとルールやマナーを守ってもらわないと、

本人はもとより社員全員に迷惑が掛かることになる。

彼らは、異口同音に日本にやって来た目的の一つに

「日本の優れた技術を学ぶ」と言います。優れた技術は普段の

様々な基本的な所作の上にこそ身に付くものだと思います。

私達も人の振り見て我が振り直せではありませんが、私達は

道具や機械を使って仕事をやっているのでそれらを乱雑に

扱う事はそのまま品質の低下に直結する事を肝に銘じたいと思い

ます。

毎週発行の宝角合金週刊FAX通信84号も是非ご覧ください。
posted by houz at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2010年09月01日

英語な香り?

意味不明な言葉 何の事やろ??弊社の大物旋盤.COMという

Webサイトももうすぐ開設2周年になります。頻繁に更新を

しながら現在に至っていますが、何やら近々英語サイトを開設に

向けて準備中の様です。漏れ伝わる話によるとその次は

中国語サイトも控えているとか??

最近円高で 大手の企業はもちろん中小でも海外進出を

模索してる会社が増えている様です。膨大な市場が中国など

には有るとか言われていて、現実にその市場が動き始めている

ようです。しかし弊社は、そんな海外進出など出来ないし

その予定も有りませんが「日本製」のブランドで海外からの

仕事も出来るようにと言う事のようです。しかし会社で

英語が出来る人って???中国語は中国人が要るけど彼ら

日本語が???なので使い物にならないし・・・。

獲らぬ狸の皮算用 現実に引き合いが有ってからそれは

考えるべし!!
posted by houz at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2009年11月25日

あっという間の

気が付くとこの11月も残す所あと僅か・・・。ついこの間慰安旅行に行ったと思えばもう月末が来てしまっている。

この月も祝日も結構多かった事も有り、知らず知らずの間に日が経ってしまった。

月末納期の仕事も結構有りちっ(怒った顔)

最近の傾向は短納期の仕事の割合がこれまで以上に増えててんやわんやの状態どんっ(衝撃)

取引先の状況も様々で何やら少しずつではあるけれど戻ってきてる所も有れば、これまで踏ん張っていた所がバッド(下向き矢印)という所も有るようで先の見当は全くつかない状態のようです。

そんな中 今日 会社の中は何やらざわざわ??目耳
「エビで鯛」ではなく「オキアミでマグロ」何の事だろう?ぴかぴか(新しい)

何やらBIGなニュースが飛び込んで来てるようですexclamation&question

あと少しで12月 昨年の暗い雰囲気とは少し違って来てるように思いますが、現実は厳しいです。
posted by houz at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき